アダラートで高血圧を制御

アダラートは高血圧の治療に用いられ血圧値の安定を保つことができる他に脳卒中や心臓病、腎臓病の発病リスクを低減さることができます。また心臓の収縮を抑える作用があるため異型狭心症や狭心症の治療にも効果的です。

血圧値を抑えるアダラートとは

体内のカルシウムの99%は骨にあり、残り1%が脳の記憶や運動機能の調節や血管の収縮に使われています。
血管にはカルシウムが流入する受容体があり、そこにカルシウムが入ってくると血管が縮まります。
血管が収縮する事により、血圧が上昇します。
言いかえると高血圧の症状が悪化するのです。
高血圧症状が続くと、血管がぼろぼろになり、脳卒中や心筋梗塞などの合併症が多くなります。
心臓に栄養を送る血管が細くなっている狭心症患者は、心臓の細胞に十分な栄養が送られなくなり、狭心症を起こしやすくなります。
高血圧の薬としてテノーミンがありますが、このお薬は副作用も緩和されており1日1回の服用で長時間の効果が得られます。
テノーミンには心臓を休ませる作用がありますので、高血圧症や狭心症、不整脈といった治療にも効果的です。
テノーミンの主な副作用としては徐脈やめまい、倦怠感などがありますがこれは心拍数を遅らせるために起こる症状となっています。
この結果を利用して、カルシウムが血管に入る受容体を阻止する薬を飲むと、カルシウムは血管に入らなくなり、血管収縮が抑えられ、血管が拡張するようになります。
このカルシウムが流入する受容体を阻害する薬がニフェジピン(商品名がアダラート)です。
アダラートはこの作用により、血管を拡張させ、高血圧や狭心症の治療をしており、このカルシウムに拮抗する働きをするためにカルシウム拮抗薬と呼ばれます。
アダラートは脳や心臓や腎臓など全身の血管を拡張させるために強力に、血圧を下げる事が出来ます。
しかし、アダラートを飲んで急に血管が拡張されると顔面紅潮や頭痛などの副作用がでやすくなります。
そこで、この副作用が出にくくするために薬を改良して、薬の有効成分をゆっくりと放出させる1日2回飲むアダラートLが発売されました。
さらに改良が進み、薬の放出をさらにゆっくりとさせ、1日1回飲めば済むようになったのがアダラートCRなのです。
このように何度も薬を改良して、副作用を減らし、服用しやすい形に替え、高血圧や狭心症の治療に役立ってきているのです。
■ループ利尿薬で代表的な薬
ラシックスは血液の水分が減らすことで降圧効果